タカラ ミーナ 評判ってどうなの?【価格を押さえた基本モデルがコレ!】

タカラ ミーナ 評判ってどうなの?【価格を押さえた基本モデルがコレ!】

タカラのミーナの評判をみると、価格帯が一番手頃ということで選んでいる方が多いようです。

 

お風呂は、他のメーカーもそうですが、坪数で大きく価格帯を変える場合が多いです。

 

そんな中、タカラのお風呂の中でもミーナは、坪数によらず価格差が小さいんです。

 

例えば、ミーナの場合、
0.75坪 34万円
1.25坪 41万円
差額は7万円です。

 

これが、プレデンシアの場合は、
0.75坪 105万円
1.25坪 126万円
差額21万円です。

 

つまり、ミーナは、坪数によらない価格を押さえこんだモデルともいえます。このクラスは、FRP素材ですが、他のメーカーも多く出しています。そのため、ある意味価格競争になりやすいモデルともいえます。ミーナは、タカラの中でも低価格モデルの最先端をいくシステムバスなんです。

 

このモデルは、色が4種類から選ぶことができ、3タイプの浴槽があります。

  • ラウンド浴槽
  • スクエア浴槽
  • ラウンド浴槽

 

基本的な機能はセットされ、他オプションで別料金になりますが、選ぶ事ができるシステムバスなんです。

 

他に追加オプションとして、
ハイロングミラー(鏡):12,500円
収納棚3段:5000円
タオル掛け:1500円
など、比較的リーズナブルな金額でオプションを付けられる点も魅力ですよね。

 

必要な機能を厳選し、必要なものだけ、シンプルに揃える。そんなベーシックなモデルがミーナなんです。もちろん、かなり低価格な路線をいっていますが、他メーカーを含め、見積りをとることで、より良い条件のリフォーム価格の業者が見つかる可能性のある価格帯です。

 

ぜひ、いろいろ見積りを比べてみたいところですよね。